双葉幼稚園の沿革

1895年(明治28年)…初代園長大井浅吉が日本聖公会伝道師として帯広に赴任

1896年(明治29年)…帯広聖公会が始まる、日曜礼拝、日曜学校を開く

1911年(明治44年)…帯広聖公会別館で幼稚園を開園。双葉園と命名する

浅吉の義妹、臼田梅が専任保母となる

1918年(大正 8年)…臼田梅「仙台青葉女学院幼稚園保母養成部」に進学。学院長ランソン女史と親交を結ぶ。

1922年(大正11年)…新園舎落成する

1923年(大正12年)…4月新園舎で保育を開始する

1925年(大正14年)…初代園長 大井浅吉死去

1927年(昭和2年)…臼田梅 二代目園長に就任。 日米親善人形使節として青い目の人形(ベティ・ジェーン・ローズ)が贈られる。

1932年(昭和 7年)…ランソン女史来園。

1945年(昭和20年)…陸軍衛生材料庫に接収される。「双葉国民保育園」の申請をする。

1946年(昭和21年)…「双葉幼稚園」として北海道庁より設立認可。

1955年(昭和30年)・・・地震時の避難確保の為に玄関拡張する。

1958年(昭和33年)…二代目園長 臼田梅死去 臼田時子が三代目園長に就任

2010年(平成20年)・・・帯広で初の登録有形文化財となる。

2010年(平成22年)…帯広で初の登録有形文化財となる

2011年(平成23年)…開園100周年を祝う

2013年(平成25年)…第100回目卒業式を終え閉園となる

2017年(平成29年)…国の重要文化財指定を受ける

双葉幼稚園の現状

所在地:帯広市東4条南10丁目1番

敷地面積:2260.06㎡

対象面積:丸屋根ドーム(遊戯室)を含む本体 267.7674㎡

十勝沖地震により避難口として増設された玄関 34.3980㎡

合計 302.1654㎡

 

園歌

双葉の露がいいました

朝日が空に昇るよう

皆もだんだんのびてゆけ

神の宮までのびてゆけ

十勝の原に高く立つ

まあるいお屋根の幼稚園

皆もまあるく元気よく

神の宮までのびてゆけ

ご入会案内

国の重要文化財に指定された旧双葉幼稚園園舎はとかち帯広にとっての歴史的地域資産で有り文化・観光・まちづくりにとって重要な資源です。

旧双葉幼稚園には、開園以来の書類や資料も保存され、とかち帯広の幼児教育の歴史が積み重ねられています。

それらを維持管理していくことが大切であると考えます。広く会員を募り、旧双葉幼稚園と言う資源の活用保存を勧めて参ります。

賛同・ご協力いただける方のご応募をお待ちしております。